無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    動物実験の代替法
    0
      今日は、動物実験を行わず、ほかの実験で同様の効果が得られる代替法をご紹介♪

      スキンテックス(皮膚刺激性試験)

      かぼちゃの皮から抽出した蛋白質の繊維網を使う。人間の皮膚と同じ様な、刺激に対しての反応が見られる。


      アイテックス(眼刺激性試験)

      そらまめから抽出した試験試薬を使う。この方法の有効性は、アメリカの食品医薬局(FDA)によって確認されている。コロジテックス コラーゲンで作られた人工皮膚を使う。腐食性の測定ができる方法で、アメリカの運輸省(DOT)の許可も受けている。


      フレイム法(細胞毒性試験)

      培養細胞を使う。1988年にイギリスの医学動物実験代替基金によって開発された。薬品の毒性を測定できる。


      NR法(細胞毒性試験)

      フレイム法とはほぼ同じ方法。人間の角質生成細胞を使い、フレイム法とは試験薬の色が異なる。1985年にロックフェラー大学が開発した。


      動物実験に代わる代替法は動物の犠牲を伴わないというメリットだけではなく、コストの削減ができ、さらには安全性の客観的に判断することができる など、多くの利点が備わっています。
      *動物のように個体差(ここの性格や体質等)がない
      *動物実験の目視観察に比べ、数値化された客観的データが取れる
      *動物のように寿命に左右されないため永続的な試験が可能
      *動物実験には常に生物学的種差が付いて回るが、
       人を基準に開発された試験方法であれば、種差を超えることができる


      まだ実験はすべて代替にはできてはいないが、早くすべての実験がなくなる日を祈っています。


      応援よろしくお願いいたします。
      にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
       にほんブログ村

      にほんブログ村 犬ブログ 犬情報へ
      にほんブログ村

       

      | animalresuce | ペット | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://animalrescue.jugem.jp/trackback/5