無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    世界の動物実験
    0
       皆さん、動物実験が世界で禁止の流れにあるってご存知ですか?
      今日は、世界の動物実験、日本の動物実験の禁止への流れです。

      オランダ
      1997 年5月、「動物実験法」によって、化粧品の新製品開発、既存の製品の動物実験を禁止。

      ドイツ
      1998 年5月、「動物保護法」により、タバコ、洗剤、化粧品開発のための動物実験を原則禁止。
      改正後現在まで1件もそれらの実験は許可されておらず、実質上の禁止と言える。

      イギリス
      1998 年11 月、化粧品の安全性関連の法律によって、
      化粧品の原料から完成品にいたるまですべての動物実験を禁止。

      オーストリア
      1999 年7月、「動物保護法」によって化粧品の動物実験が禁止。

      スイス
      成分に関してではないですが、化粧品の完成品に関して動物実験が禁止。

      EUの動き
      EU議会は1993 年6月、段階的な化粧品における動物実験廃止を合意。
      2009 年にEU内における化粧品の動物実験の禁止、および動物実験された化粧品の販売禁止を実施することが決まった。

      日本の場合
      開発には新規物質を使う場合でも、原則企業責任において安全性を確認すればよいことになっており、動物実験が義務付けられているわけではありません。
      ただし、防腐剤、紫外線吸収剤およびタール色素に関しては安全性に関する資料として、
      単回投与毒性、反復投与毒性、生殖発生毒性、皮膚一時刺激性、
      連続皮膚刺激性、感作性、光毒性、眼刺激性、遺伝毒性等の資料の添付が求められており、
      動物実験が義務付けられています。

      と世界ではこのように禁止の動きが広まっています。
      他国では禁止できて日本ではできない理由があるのでしょうか?
      日本も早く禁止の流れになるといいですね^^/



      応援よろしくお願いいたします。
      にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
       にほんブログ村

      にほんブログ村 犬ブログ 犬情報へ
      にほんブログ村



      | animalresuce | ペット | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      動物実験について
      0

        皆さん。動物実験ってご存じですか?
        モルモットなどでなんとなく耳にしたことはあるかと思います。

        では、実際にどんなところで行われているのか?内容は?と聞かれてると
        わからないことが多いと思います。

        まずは最初の投稿というこで、どんなものに動物実験が行われているのか
        ご紹介いたします。

        動物実験を行っている企業

        • P&Gマックスファクター
        • カネボウ化粧品
        • キナリ
        • コーセー
        • サンスター
        • ジョンソン
        • ジョンソン・エンド・ジョンソン
        • 日本ロレアル
        • フマキラー
        • ブラウン
        • ホーユー
        • ポーラ
        • ポーラ化成工業
        • ユニリーバ・ジャパン
        • ライオン
        • ローム・アンド・ハース・ジャパン
        • ロンザジャパン
        • 一丸ファルコス
        • 一光化学
        • 花王
        • 岩瀬コスファ
        • 資生堂
        • 日光ケミカルズ
        • 日本メナード化粧品

         動物実験を行っている製品
        ・シャンプー
        ・リンス
        ・歯磨き粉
        ・目薬
        ・洗剤
        ・石鹸
        ・芳香剤
        ・医薬品(人間用)
        ・化粧品
        ・スキンケア用品
        ・食料品
        ・他、人間が使用するものほぼ全て

        思っていたよりすごい数でしょ?
        綺麗になりたい。おいしいものが食べたい。もっと便利になりたい。
        それは、人であれば当然なことです。否定はしません。

        でも、その裏側で動物たちが犠牲になっていることを頭の片隅にいれてください。
        実験などしなくても製品は作れるんです。動物が犠牲になっている製品となっていいない製品。
        あなたならどちらを使いますか?


        応援よろしくお願いいたします。
        にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
         にほんブログ村

        にほんブログ村 犬ブログ 犬情報へ
        にほんブログ村


        | animalresuce | ペット | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |